×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

しみ 洗顔 〜しみ取り・しみに効く洗顔方法とは☆口コミ情報満載☆

気になる顔や背中のしみ...肌の"しみ"をスキンケアの基本"洗顔"によって根本的にケアしませんか?

サイトトップ > 洗顔だけじゃなく、食事に気をつけて体の中からしみケア

スポンサードリンク

しみ 洗顔 しみ洗顔 シミ洗顔

病院やエステに行かなくても…83.7%の確率で、
“シワやシミ”がキレイになる【自然な美肌変身術】! ※乾燥肌や敏感肌もOK♪

洗顔だけじゃなく、食事に気をつけて体の中からしみケア

しみに効!!!良い食事とは...?

しみを予防するために、栄養バランスの整った食事が大切です。

簡単にしみ予防に効果のある栄養素を紹介しましょう。


※ビタミンC

とくにビタミンCはメラニンの生成を抑えてくれます。
しみを薄くしたり、皮膚に潤いと弾力を与え、コラーゲンを作る働きをします。
コラーゲンは、体内の血管や器官をもととなりますので、ビタミンCが不足すると、しみだけでなく、免疫力が低下して風邪をひきやすくなったりします。

※ビタミンE

ビタミンEは、抹消血管を広げ、血行が良くし肌の新陳代謝を高めます。
そしてビタミンEは、女性ホルモンの分泌を促進し、生理不順や老化を防止する効果があります。また、ビタミンEが不足すると、冷え性肩こりや、白髪が増えたりもします。
ビタミンEは、若返りのビタミンともいわれ、しみの予防に大切なビタミンのひとつです。

※ビタミンB2

ビタミンB2は、皮膚の粘膜を整えます。そして、脂質の代謝を促進するので、しみに限らず、ダイエットにも効果的があります。
老化の原因の過酸化脂質も減らし、しみに効果があるだけでなく、コレステロールや中性脂肪を減らしたりと、老化防止にも役立ちます。

※βカロチン

βカロチンは、しみに効果もありますし、老化防止にも役立ちます。
しみのもととなるメラニン色素を作らせないように、抗酸化力を活発にするには、βカロチンやビタミンC、ビタミンEなどの抗酸化力の強い成分を摂取することで相乗効果を発揮するので、上手に補いましょう。


※体内ではつくられない必須アミノ酸

しみを予防するのによい必須アミノ酸には、以下のものがあります。
リジン・メチオニン・ロイシン・イソロイシン・スレオニン・トリプトファン・バリン・フェニルアラニン

リジンとは、体内では作ることができない必須アミノ酸です。
なかでも、「リジン」はしみ予防に効果的で、肌を整えてくれる作用があります。

これらの必須アミノ酸はどれもをとっても大切な栄養素なので、毎日の食事の中でバランス良く摂取していきましょう。

しみ対策一覧